第1回 Integration Partner Meetingを開催しました

お問合せ

お気軽にお問合せください。

第1回 Integration Partner Meeting

日時:2016年9月6日

会場:cafe 1886 at Bosch

2016年9月6日(金)、ボッシュジャパン1階にあるcafe 1886 at Boschで販売パートナー様向けに「第1回Integration Partner Meeting」を開催いたしました。シンプルな監視用途を超えた、映像解析の応用、そして社会ニーズに沿う様々なシステム連携を開発していくことを目指した本イベントには、多数のお客様にご来場いただきました。

 

オープニング

Wilfred Steeman

アジアパシフィックリージョン副社長 Wilfred Steeman

イベントの冒頭、アジアパシフィックリージョン副社長、Wilfred Steemanからのビデオメッセージをご紹介しました。

ビデオメッセージの中では、最新の市場動向やこれに呼応するボッシュ製品の方向性、および製品概要についてご紹介するとともに、ご来場くださった皆様をはじめパートナー各社様への謝辞を述べました。

 

プロダクトマネジャー 堀哲朗

新製品ご紹介

プロダクトマネジャー 堀哲朗

堀からは、ボッシュの新製品ロードマップについてのお話をしました。

低照度に強いカメラとして好評を頂いてきたstarlightカメラシリーズは、今秋より随時発表される新モデルで低照度対応やダイナミックレンジ対応が強化されるなど性能面での強化に加え、今後は映像解析が標準で搭載されるようになるなど、より使いやすさ、便利さが強化される旨について解説いたしました。

 

プロダクトマネジャー 堀哲朗

映像解析アップデート

プロダクトマネジャー 堀哲朗

続いて堀から、ボッシュの映像解析技術について最新情報をお話しました。

これまでもIVA(Intelligent Video Analytics)としてカメラ単体で行うことのできる高性能映像解析技術を提供して参りましたが、今後は動体検知の基本機能を提供するMotion+、一般的な映像解析ニーズをカバーするEVA(Essential Video Analytics)、より高度な映像解析を可能にするIVAとしてそれぞれのニーズをカバーするとともに、2017年からはミドルレンジの製品でEVAがサポートされる旨のご報告をいたしました。

今回のアップデートに伴い、より多くのお客様に、用途に応じた映像解析をご利用いただけるようになります。

 

マーケティングマネジャー 佐藤里絵子

ケーススタディ

マーケティングマネジャー 佐藤里絵子

佐藤からは、最新のお客様導入事例としてドラッグストアチェーン様のケースをご紹介しました。

従来は監視カメラを用いた防犯対策とお客様の来店数カウントは別で行われていましたが、ボッシュのカメラは一台で双方に対応可能であるとして採用に至った背景を説明するとともに、小売業におけるニーズやパートナー企業様と共に展開するソフトウェア連携の可能性について解説いたしました。

 

インテグレーションエンジニア Jeremy Heng

IPPアップデート

インテグレーションエンジニア Jeremy Heng

Jeremy Hengからは、ボッシュが公開しているIntegration Partner Programの内容として、SDKを用いた場合のインテグレーションと、Boschの独自プロトコルRCP+を用いたインテグレーションについて、機能概要や対応範囲などについて説明いたしました。

加えて昨今関心を集めている監視カメラシステムのセキュリティ面について、Boschがどのような取り組みを行っているのかについても解説いたしました。