プロフェッショナル音質のPAVIRO PAシステムと音声避難誘導システムを

 

プロフェッショナル音質のPAVIRO PAシステムと音声避難誘導システムを

“使う前からフレキシブル”

 
 

イノベーション

 

極めてフレキシブル:導入のどの段階であってもPAVIROはシステムの設計変更に対応します

PAVIRO は作業完了直前のシステム変更であっても問題なく対応可能です。インテリジェント入力スイッチ、ダイナミックに行えるチャンネル設定に加え、電力負荷共有システムが稼動することでプロジェクトのどの段階であってもシステム変更をリスクなく受け入れることができる極めてフレキシブルなシステムです。

広範囲な場内アナウンス及び音響のコンビネーション

PAVIRO は4チャンネルのマトリックスアーキテクチャにより、場内アナウンス及び音響の仕組みを非常に柔軟に組み合わせることができます。異なる場所にクラシック音楽とポップミュージックを流すことができます。また、音楽の邪魔をすることなく単独または複数の場内アナウンスをそれぞれの場所へアナウンスすることも可能です。。

 
 

クラスで最高の低電力消費

PAVIRO には、電力消費の効率性も考慮された設計となっています。電力管理はPAVIRO のコア部分でもあり、複数のアンプに使用にあっても電力消費を極小化させながら、一方でより柔軟性を高めることができます。。

素早く、そして簡単なシステム設定

基本的な設定は、ステップバイステップで行えるウィザードで行うことができます。ウィザードを使用することにより、旧来のシステムで数時間、または数日を必要としてきたプログラム設定を30分以内に完了することができます。エキスパートモードでは、IRIS Netに基づき、システム設定を完全にコントロールすることができ、より複雑な導入プロジェクトにおけるカスタム設定を柔軟に行うことができます。

 

プロフェッショナル品質のサウンドを構内に

PAVIRO はプロフェッショナル品質のサウンドにおける業界をリードしてきたナレッジが生み出したといえます。Boschは非常に高品質なプロフェッショナル音響やオーディオ製品における広範囲な技術開発の経験を積み重ねてきました。コントローラーはSN比100dB以上のシグナルを扱うことができます。

 

機能上の特長

 

非常に広範囲にわたる機能性により、PAVIRO はどんな導入ニーズにも対応可能であるとともに、クラス最高の品質、導入容易性を備え多目的用途でお使いいただくことができます。

ダイナミックソースルーティング

ダイナミックソースルーティングとインテリジェントアンプスイッチングにより、アンプの台数を節約することができます。初期投資の負担が減るとともに、電力消費を抑えることも可能です。

統合または単独で使用するスピーカー設置用ルーター

ルーターごとに4000Wまで扱うことができ、24のスピーカーに対し1つまたは2つのチャネルと1種類のアンプのみを適用するだけで使用できる、非常に柔軟性の高いシステムです。電力共有は2Wから500Wまで対応し、1つのルーターだけで低電力消費のゾーンと、高電力消費のゾーンとに対応可能です。

標準またはアドバンスト設定にはIRIS Net

PAVIRO には素早く簡単に設定可能なウィザードがありますが、より専門的で高度な設定には、柔軟なプログラミングが行える選択肢があります。

プロフェッショナル音質

50Hz-20Hzの広帯域幅、SN比100dB以上のシグナルをも扱えるダイナミックなシステムであり、クロストークはほとんど発生しない、非常に高品質な音声を扱うことができます。

 

機能面でのメリット

 

PAVIRO で誰もがメリットを享受

PAVIRO の高度なソフトウェアとインテリジェントシステムアーキテクチャにより、システム設計や導入、および日々の運用にかかる時間とコストを抑制します。コンサルタントは多くの時間をかけずにいくつかのパラメータを設定するだけでシステムを完全に定義可能です。設置担当者はシステムの極めて高度な柔軟性により不要な追加コストを回避することができます。ビルオーナーはオーナーシップにかかるコストを低減することができます。またビルの利用者はすばらしい音楽を楽しむと同時に明瞭なPA音声を聴き取ることができます。

素早く、効率的に設定完了

PAVIRO で素早く簡単にシステムを設計可能です。システム設計時に考慮しなければならないスピーカーの電源容量や接続するケーブル数、端末の数などはいくつかのパラメータを設定するだけで対応可能です。これにより、コンサルタントはより多くのプロジェクトに携わることができ、お客様にはより魅力的なコスト提示が可能になります。

アンプの追加的な利用について

PAVIRO システムのアンプは、AVプレゼンテーションシステムとしてご利用いただけます。ローカル用途に限定して利用するのではなく、PAVIRO のアンプはローカル音源入力用に2つのチャンネルが提供されているため、避難誘導システムとして完全に利用することができます。

低オペレーションコスト

PAVIRO は高効率のClass-Dアンプ方式を採用しており、筐体とソフトウェアのインテリジェント電源管理を可能にしています。このため電力消費を極小化し、オペレーションコストも抑制することが可能です。

初期コストの抑制

PAVIRO は他システムと比べてより少ないアンプのみを必要とします。ダイナミックソースルーティングとインテリジェントアンプインプットスイッチングにより、初期コストを抑え、必要アンプ数を抑制し、日々の運用でもより少ないバッテリーで稼動させることができます。これによりオペレーションコストはより低く抑えることができます。

 

導入によるメリット

 

EMEAの基準を満たす音声避難誘導システム

国際標準を満たすような製品作りをすることは、ボッシュセキュリティシステムズのコミットメントの一つであり、PAVIRO は音声警報システムに必要とされているメジャーな要件を満たしており、 EN 54-16 の認定を受けています。そのほかにも世界中のローカル基準の多くに対応しています。

小中規模の導入に最適

PAVIRO は高品質なPAと音声避難誘導システムに加え、機器を追加すれば高品質な音楽さえも再生可能なユニークなシステムです。非常に柔軟なアーキテクチャとなっており、小中規模のオフィス、地域の空港、中規模ホテル、工場や学校、デパートなどへの導入に最適です。