火災検知カメラ AVIOTEC IP starlight 8000 – 炎が広がるまえに検知

  • Next
  • Next
  • Next
  • Next
 

AVIOTEC IP starlight 8000 は監視カメラで炎の発生を捉えます。煙が検知器に到達する前に検知することが可能で、被害を最小化することができます。

製品データシート(英語)

※本製品は日本国内でも販売しております。

 
 

Bosch独自の応用モデル

 

Boschの新しいビデオベースド火災検知システムは、火災検知の新しいモデルです。科学的にテストされた物理検知モデルを応用したBosch独自の検知モデルは、火種や監視を阻害する障害物を見分け、写りこんだ対象物の動きを予測することで、誤報を極力回避しながら素早く緊急対応態勢を取ることが可能になります。-被害が拡大する前に、素早く危険を察知します。

標準的な火災報知の仕組みでは、検知器具は天井や天井に近い壁面に取り付けられることが多く、火災を検知するには火災で発生する煙がその高さまで到達する必要がありました。結果、検知までに一定の時間を要する必要がありました。

AVIOTEC IP starlight 8000 は炎と煙の発生源を捉え、優れたインテリジェント・アルゴリズムにより、映し出された映像を解析、処理します。実際の火災モデルに基づくアルゴリズムによって解析処理が行われており、またお客様のニーズに合った調整も可能です。監視環境としては過酷な環境下でも、AVIOTEC IP starlight 8000 は炎や煙を検知し、ネットワークまたはリレーによりアラームが伝送されます。

検知機能はカメラの中に統合されており、カメラの他に機器をご用意いただく必要はありません。炎検知と同時に、監視カメラとしての機能が動作しており、ライン横断や軌跡追跡、置き去りなどのビデオ解析も同時に処理されています。

 

特長

特長 メリット
炎および煙検知 物陰の炎、くすぶっている炎や液体燃焼を識別します。
火元を素早く検知 炎の発生元を検知することで、緊急態勢に入るまでの時間を短縮できます。これによりレスキュー対応が困難になる前に行動を開始し、火災発生場所の被害を最小限に食い止めることができます。
マスキング不要 カメラの画角の範囲に生じる炎は、通常の場合ほぼ捉えることができます。
カメラ・インテリジェンス 映像転送や圧縮を必要とせず、オリジナルの映像ファイルを使用して障害物を検知します。
ライブストリーミング 現場をモニターできるため、スムースで迅速なレスキュー対応を図ることができます。
録画装置の併用 録画装置を活用することで、火災の発生原因調査が可能になります。

 

なぜ AVIOTEC IP starlight 8000?

 

クイック検知

  • 独自の高度なアルゴリズム
  • 発生元の速やかな検知
  • 損害の極小化

高い信頼性のインテリジェンス

  • インテリジェントフィルターによる障害物の自動排除
  • 危険を知らせる誤報の抑制

コストパフォーマンス

  • 必要機器は最小限
  • 設置が容易

 

AVIOTEC IP starlight 8000 ソリューション

 

煙検知は今も有効な方法である一方で、天井が高い施設などでは補助システムの存在が極めて有効です。煙が高い天井に達するまでに要する時間を待たずに炎の発生検知が行えるため、より速やかに対処を行うことができます。これと同じくらい重要なのが、誤報を発生させやすいさまざまな障害物に囲まれた中で炎と煙を見分ける性能です。

AVIOTEC IP starlight 8000 は誤報を極力回避しなが炎を検知するまでに要する時間を最小化できるため、交通、倉庫、プラントや工場など、被害の拡大が甚大な影響を及ぼす場所への設置に最適です。

素早い検知と必要に応じたアラーミングで生命を守り、損害を極小化します。

*本製品は法令上の自動火災報知設備ではありません