DICENTIS 会議システム Inform.Impress.Inspire.

DICENTIS 会議システム
 

DICENTIS 会議システムファミリーには 4 つの新しい会議デバイスが含まれています。それぞれは特定の目的に使用され、幅広いニーズや用途に使用できます。

 
 

イノベーション

 

4 つの新しい会議デバイスが備えられている DICENTIS 会議システムは、その完全な機能のセットにより、考えられるすべての使用例に対応します。ディスカッション、デュアルディスカッション、識別、デュアル識別、投票、デュアル投票、言語選択、デュアル言語選択、参加者リスト、ライブ映像フィード、サードパーティ製アプリ、ドキュメント表示、インターネットアクセスおよびプレゼンテーション表示などです。異なるデバイスを同じ設定で併用して、用途や組織の固有のニーズに対応できます。それぞれの会議デバイスは特定の目的に使用することができ、異なる高度な機能のセットが備えられています。

DICENTIS ディスカッションデバイス

DICENTIS ディスカッションデバイスでは、クリアで生産性の高いディスカッションが可能になります。また、「発言可能」インジケータなどの高度な機能により、当該機能が割り当てられている場合に、参加者は即座にディスカッションに参加できます。デュアルモード機能では、2 人の参加者が 1 つのデバイスを共有でき、最高の効率性とコスト削減を実現します。

DICENTIS 投票機能付きディスカッションデバイス

DICENTIS 投票機能付きディスカッションデバイスには、標準的な議会式投票機能が備えられています。デバイスは、内蔵 NFC (近距離通信) カードリーダーでユーザーを識別することができます。また、投票機能が必要な場合にのみ点灯する色分けされた投票タッチボタンにより、簡単かつ迅速に投票できます。非公開投票も可能です。

DICENTIS 言語選択機能付きディスカッションデバイス

DICENTIS 言語選択機能付きディスカッションデバイスでは、発言リクエスト、デュアルモード、迅速な参加者識別向け内蔵 NFC カードリーダーによるユーザー識別などの機能が備えられています。デバイスには言語選択メニューが備えられているため、同時通訳が利用可能な場合、参加者はディスカッションを母国語で聴くことができます。言語の選択は簡単です。ヘッドホンをデバイスに接続すると、デバイスの言語選択機能が自動的に起動します。デレゲートは、デバイスのタッチボタンを使って利用可能な言語リストをスクロールできます。さらに、画面のリストには各言語で使われる文字が表示されるため、参加者は希望する言語をすばやく見つけて、即座に会議に集中できます。

DICENTIS タッチスクリーン付きディスカッションデバイス

デバイスの 4.5 インチのタッチスクリーンにより、参加者は会議の進行状況を把握したり、現在の発言者を識別したり、発言者リクエストリストを表示したりできるので、会議の効率性が高まります。この画面から通訳言語や投票情報も簡単に確認できます。

DICENTIS タッチスクリーン付きディスカッションデバイスでは、2 人の参加者が同じデバイスを使用できます。これにより、個別に議論するだけではなく、内蔵 NFC カードリーダーが両方のユーザーを識別するため、別々に投票することもできます。さらに、別々の言語で会議を聴くこともできます。このオールインワンデバイスにより、スペースと機器の費用を抑えることができます。

DICENTIS マルチメディアデバイス

DICENTIS マルチメディアデバイスには、すべての会議のニーズを完全に満たすマルチメディア機能が備えられています。内蔵の NFC カードリーダーにより、デバイスはユーザーを識別します。さらにライブ映像も表示することで、デレゲートは発言者の発言を聴くだけではなく、同人を見ることもできます。ユーザーは資料を参照して簡単に情報を共有できます。また、インターネットにアクセスして、さまざまな議題に関する際品の情報を検索できます。

 

利点

 

DICENTIS 会議システムは、組織が急激に変化しても進化するニーズに応える適応性を備えています。

  • OMNEO メディアネットワークアーキテクチャに基づくオープンプラットフォームにより、システムの柔軟性および設置とメンテナンスのコストパフォーマンスが向上。
  • 支援システムと容易に統合できるため、自動カメラコントロールなどの機能を提供可能。
  • ライセンスベースの拡張性により、新しい機能を簡単に導入できる将来を見据えたシステムを実現可能。
  • 最適化されたユーザーエクスペリエンスにより、最高の会議の効率性を実現。
  • 組織固有のニーズに最適な形で応える、会議デバイスの混在型およびカスタマイズされたセットアップ。
  • ケーブルおよび電源の冗長化により、会議中のシステムの中断を阻止。
  • システム内で伝送されるすべての音声データと制御データにセキュリティの高い暗号化を実行し、改ざんや不正アクセスから保護。
 
 

DICENTIS 会議デバイスは、会議が効率的に進むように最大限サポートし、すべてが最高の品質基準を満たす業界最先端の機能を持つように設計されています。

  • 高指向性マイクとインテリジェントなハウリング抑制により、極めてクリアな音声再生を実現。
  • スピーカーとマイクを同時にアクティブにすることで、優れた音声明瞭度を実現。
  • 人間工学に基づいた最適なデザインの会議デバイス。
  • 「発言可能」インジケータなどの高度なディスカッション機能により、当該機能が利用可能な場合は、即座にディスカッションに参加可能。
 

機能

 

IP ベースの会議ソリューション

  • OMNEO メディアネットワーキングアーキテクチャを基盤として構築された初の IP ベースの会議システム。
  • サードパーティアプリやカスタムメイドアプリ向けの、Android™ オペレーティングシステムのバージョンに基づくマルチメディアデバイス。
  • マルチメディアデバイスで音声、ビデオ、会議データおよびインターネットにアクセス。
  • さまざまな製品を完全なシステムソリューションに統合するオープンプラットフォーム。
  • 非常に高い拡張性と柔軟性。

会議デバイス

  • 直観的なユーザーエクスペリエンス。
  • 3 つの接続型マイク (高指向性マイク、ロングアームタイプのマイク、ショートアームタイプのマイク) から選択可能。
  • ソフトウェア機能の追加による機能の拡張。
 
 

革新的な技術による、極めて高い音声明瞭度と自然な音声の実現

  • インテリジェントなハウリング抑制機能を内蔵。
  • 高度なイコライゼーションによる、室内の音響の最適化。

コストパフォーマンスの高い設置と保守

  • 標準イーサネットインフラストラクチャと互換。
  • CAT5e (以上) のケーブルと PoE (Power over Ethernet) スイッチと互換。
  • スターおよびデイジーチェーン構成に対応。
  • 中央の位置からすべてのデバイスにソフトウェアアップデートをアップロードする機能。
 

アプリケーション

 

DICENTIS 会議システムでは、会議参加者全員の会議エクスペリエンスがさらに向上され、会議がより刺激的かつ創造的になり、結果としてより生産的になります。

システムは非常に多用途であるため、中小企業から多国籍企業、地方公共団体から政府機関、および国際サミットに至るまで、幅広い用途に理想的です。

システムは最大 750 台の会議デバイスで構成されるネットワークを接続することができ、ビデオストリームやコンテンツ管理システムなど、同じ IP ネットワークを共有する他のシステムとシームレスに統合できます。

高度な Bosch 音声技術やケーブルの冗長性を備えたこれらのスタイリッシュなディスカッションデバイスは、Bosch が伝統的に誇る優れた音響性能とシステムの信頼性を受け継いでいます。