DCN Next Generation システム

 

DCN Next Generation は、他の追随を許さないデジタル会議管理製品であり、効率性と生産性の面で会議を成功に導くための高度な機能を備えています。

 
 

イノベーション

 

多岐にわたる革新性

DCN Next Generation 製品ラインには、さまざまなニーズに対応するオプションが多数用意されています。 コンパクトなテーブルトップでも、カスタマイズされたフラッシュマウントでも、各ユニットには高品質プラグ式マイク、クリアな音声を実現する専用ラウドスピーカー、携帯電話による電波障害防止機能など、Bosch が開発した数々の技術が搭載されています。 他にも、電子投票、ID カード、最大 31 チャンネルの同時通訳を提供するユニット内蔵チャンネルセレクタなどのオプションがあります。

スムーズな会話を促す優れたデザイン

人が会話を進めていく上で、デザインは重要な役割を担っています。建設的な会話を促す環境を作り上げるという点でも、欠かせない側面です。 DCN Next Generation は、スマートなコントロールパネルと直感的なレイアウトを備えており、その操作性は抜群です。 高度な音響および表示技術により、現在進行中の内容そのものを見たり聞いたりできるので、新しいユーザーもすぐになじんで使いこなすことができます。 この高いデザイン性により、トピックに関係なくあらゆる会議が恩恵を受けることができます。

 
 

新しいセントラルコントロールユニットによる究極の柔軟性

DCN Next Generation の特長は、新しいセントラルコントロールユニット(CCU)により有線とワイヤレス両方のデレゲートユニットを混在させることができる点です。 CCU が 1 つあれば、最大 245 の有線ユニットと 245 のワイヤレスユニットを制御できます。 システムを拡張するときや電波の届きにくい座席にユニットを取り付けるときに、目覚しい利便性を発揮します。 ワイヤレス信号は高度な暗号化アルゴリズムによって暗号化されているため、盗聴から保護された安全なシステムが実現されます。 さらに、コントロール PC への Ethernet 接続では、PC を非常に柔軟に特定できます。この新しい接続方法では、コンバータを使用せずに、長い距離をブリッジすることができるためです。

高性能な会議ソフトウェアスイート

追加のアプリケーションソフトウェアを使用すれば、会議の効率性がさらに高まります。 オペレータは、 シノプティックレイアウト、デレゲート、通訳者、議題、発言者リスト、投票セッションなど、必要な要件と各会議の承認を簡単にセットアップできます。 このスイートには、高度なログ機能を実現する XML ストリームなどのデータを処理するさまざまなオプションが含まれています。また、第三者アプリケーションとのインターフェイスとなる API 機能も用意されています。 DCN 会議ソフトウェアスイートは非常に人間工学的で、標準タッチスクリーンモニターに合わせて最適化されているため、直感性と使いやすさが実現されています。

 

機能上の特長

 

特長

  • 会議に最適化された構造と効率性
  • その分野で実績のある信頼性
  • 最先端の優れたデザイン
  • 非常に明瞭な音声出力
  • 31 の通訳チャンネルと発言者言語
  • あらゆる投票方式に対応した投票機能
  • 完全な会議管理のためのモジュール式ソフトウェアソリューション
  • 第三者デバイスとの柔軟なインターフェイス
  • 有線およびワイヤレスユニットによる簡単なシステム拡張
  • 自動カメラコントロール
 

機能面でのメリット

 

会議に最適化された構造と効率性

世界的にもその性能を認められている DCN Next Generation は、効率性と生産性の面で会議を成功に導くための高度で実績ある機能を備えています。

言語の壁を打ち破る

発言者言語に加えて最大 31 の通訳チャンネルに対応している DCN Next Generation は、国際会議環境の非常に厳しい要件にも対応することができます。 参加者は、デレゲートユニットの内蔵チャンネルセレクタを使用して、発言者言語または 31 の通訳チャンネルのうちのいずれかを選択できます。 ワイヤレスの利便性を活かすために、通訳チャンネルを聞くときはインテグラスポケット受信機を利用できます。

あらゆる投票方式に対応した投票機能

電子投票設備を利用すれば、会議の効率化を図れます。 投票結果の保存、印刷、参加者への表示を簡単に行えるので、会議の効率化に役立ちます。

 
 

参加者の登録と識別

会議の参加者の登録と識別は、PIN コード、ID カード、または指紋リーダーなどの生体認証で行えます。 また、権限を持っている場合に参加者が特定の機能のみを使用できるように、個々の承認をプログラムすることもできます。 あるいは、デレゲートユニットのプッシュボタンを使って、認証なしの「簡易」登録を設定することも可能です。

冗長光ファイババックボーンによる音声拡張機能

オーディオエキスパンダ(アナログまたはデジタル)の接続は簡単です。これにより、音声を記録したり、品質を低下させずに別室に音声を配信したりできます。 Ethernet ネットワーク経由でのデジタル音声のリアルタイム配信には、CobraNet(TM) デバイスを利用できます。 すべてのデバイスは、一切損失のない高速光ファイバケーブルで接続可能で、安全かつ冗長なバックボーンを実現します。

万全の体制で不安なく会議を開催

Bosch DCN Next Generation なら、信頼性の高い柔軟な会議システムの恩恵を受けることができます。本システムは、世界的に有名なプロフェッショナルサービスエンジニアのネットワークを擁する、経験豊富で信頼できるパートナーに支えられています。

 

導入によるメリット

 

小規模な会議から…

DCN Next Generation は非常に使いやすく、オペレータを介さずに発言と傍聴を簡単に処理できます。 オプションで、モニターや大型スクリーンに発言者の名前と現在の画像を自動的に表示することができます。 このため、DCN システムはテレビ会議に最適です。 本システムでは、議会式投票、賛成/反対式投票、多項選択式投票、世論調査式投票、聴衆反応式投票の 5 種類の投票をサポートしています。

…高度な国際会議まで

DCN Next Generation は、高度なレベルでも利用できます。統合された多言語コミュニケーションのインフラストラクチャとして、出席者が数千名にのぼるような複雑な国際会議も簡単に管理できます。

本システムでは、発言者言語に加え、31 の通訳チャンネルをサポートします。 モジュール式ソフトウェアソリューションにより、参加者登録や ID カードおよび PIN コードを利用したアクセスコントロールなどの機能をはじめとした、完全な会議管理を実現できます。

参加者や聴衆が自由に移動できるように、通訳された言語はワイヤレスインテグラスポケット受信機にも送ることができます。

変化するニーズへの対応

DCN Next Generation をワイヤレスディスカッションユニットを利用して拡張し、大規模な会議や電波の届きにくい場所にも対応することができます。 大型のセットアップの場合でも、さらに CCU を追加して最大 4000 名の参加者に対応したシステムを作成できます。 セットアップ全体を、放送、建物管理、音響拡声設備など、第三者システムに接続することもできます。 また、標準のソリューションと数々のオプションでも十分に対応できない場合は、Bosch のカスタム製品およびプロジェクトソリューショングループが専門知識を活かして対応いたします。