HD品質のブレークスルー技術

 

HD品質のブレークスルー技術

Boschの次世代映像監視テクノロジーにより、高品質HD映像にいつでも、どこからでもアクセスできます。

どこでも – 帯域幅の課題を克服

いつでも – 画期的な映像技術

 
 
 

HD品質のブレークスルー技術

帯域幅の課題を克服

低解像度または制限された解像度にも関わらず高品質のHD映像を表示 ダイナミックトランスコーディング技術 により、いつでも、どこでも、すぐに映像を表示できます。

画期的な映像技術

厳しい照明条件により画質が損なわれる問題を克服して、重要な細部を鮮明な画像で記録します。コンテンツベースの画像により、必要な情報に的を絞り、最適化されるため、細部も見逃すことがありません。

 

Bosch Video Security App

Bosch「Video Security」iPad Appは、VIDEOJET XTC XFトランスコーダーの機能をフルに活用しており、低帯域幅接続でもHDセキュリティ映像に「あらゆる場所から」アクセスできるように開発されました。このアプリを使用することで、パン、チルトからズーム、フォーカスまでの機能についてすべてのカメラを完全に制御できるようになります。どの場所においても、コントロールルームにいるような環境を実現できます。

日時でイベントを検索するには、このアプリを使用します。直接アプリから(またはWebブラウザーの再生インターフェイス経由で)フォレンジックサーチを実行して、IVAのフルサポートのメリットを享受できます。イベントまたは気になる対象ポイントを見つけたときに、再生を一時停止すると、Instant Display Enhancementにより、HD画像が元の録画の画質で表示されます。

現在、App Storeで入手することができます([ビデオとデモ]のすぐ下にあるダウンロードリンクをクリックしてください)。

 

どこでも

帯域幅の課題を克服

世界各国にまたがり、あるいは地球全体にまたがって、どこからでもセキュリティ映像の録画を確認できることが、ますます重要になってきています。ただし、高品質の映像を見るには、非常に時間がかかることがあります。特に、インターネット接続を経由してリモートで見る場合には時間がかかります。また帯域幅に制限がある接続の場合、HD品質の素材は常にバッファに格納され、長い時間がかかることになります。したがって今日まで、リモートでの視聴はほとんどがSD映像に限定されてきました。

ダイナミックトランスコーディング技術

技術: Boschは、ダイナミックトランスコーディング技術をIPとHDのシステム全体に導入することで、限られた帯域幅しか利用できないリモート監視のために、その可能性を拡大させています。この新しい技術により、HD監視映像はどこからでも視聴できるようになります!バックグラウンドの処理として、HD映像ストリームは低解像度のストリームに変換され、録画を通じてシームレスに参照できるようになっています。映像が停止された場合は、完全に画質が元に戻されるため、オリジナルの画質に対して妥協はありません。この機能により、帯域幅が限られたインターネット接続では高速ストリーミング、一時停止したフレームではフルHD映像という、ユーザーにとって最高の結果が提供されます。インターネット接続を利用できる限り、ダイナミックトランスコーディング技術により、HD品質の視聴をいつでもどこからでも実現できるようになります。この方法では、詳細な部分を見逃すことなく、人や状況を識別することがはるかに簡単になります。

Bosch製品とソリューション: 専用のBosch「Video Security」のiPad Appは、特にこの機能をサポートするために開発されました。Boschビデオトランスコーダーは、一種のスタンドアロンユニットです。したがって、お客者は、完全なソリューションの一部として、自社のシステムにこの統合機能を追加できます。Boschは、中小規模のシステムのために、多様なIPビデオストレージアプライアンスを発売しています。HDでのリモート監視を目的として、低帯域幅の接続にも対応できる幅広いソリューションをお客様に提供します。

 
 

どこでも

画期的な映像技術

最も光量が低い状況であっても、いつでも優れた画質を実現できるように、Bosch製の次世代HD映像カメラでは、最新のデジタル画像技術が採用されています。カメラでは、画期的なコンテンツベースの画像技術が使用されています。この技術により、顔、人物、車両など、重要なオブジェクトが自動的に検出され、画像処理設定が動的に再調整され、注目すべき最も役立つオブジェクトの映像が非常に詳細にキャプチャされます。

コンテンツベースの画像技術

技術: Boschは、画期的なコンテンツベースの画像技術(CBIT)を新型HDカメラのほとんどのモデルに導入しました。CBITは、最先端のインテリジェント映像解析(IVA)アルゴリズムで生成されたメタデータを使用して画像処理を制御します。メタデータは、画像の強調が動的に必要になると、画像処理ソフトウェアにその状況を通知します。Bosch HDカメラの製品ポートフォリオは、現在、エントリレベルのモデルから、驚くほどのパフォーマンスレベルを実現した高感度のハイエンドモデルまで展開されています。DINIONとFLEXIDOMEカメラは、両方ともこの製品ラインを代表する製品であり、フォームファクター(ボックス、堅牢性、または破壊防止対応など)で選択できます。カメラの設置環境に最も適したタイプを選択してください。

Bosch製品とソリューション

HDカメラ: 新型のHDカメラには、今日ご利用いただける最高のSDカメラと同程度の高感度を実現した低光量対応製品があります。これらの本格的なHDカメラは、365日昼夜を問わずカラーまたは白黒で映像を配信しており、光量に応じて、2つのモードを自動的に切り替えます。これらのモードは、アラーム入力に応じて手動で切り換えることも、Webブラウザーを使用してリモートで切り換えることもできます。

ハイダイナミックレンジカメラ: 新しいシリーズには、そのシーン全体で視認性を最大限にするために複数の露出を使用するハイダイナミックレンジカメラ(HDR)も含まれています。したがって、カメラは優れた色再現を実現しながら、同時にシーンの明るい領域と暗い領域で詳細な映像をキャプチャできます。高コントラストのシーンでも、暗い場所から明るい場所を急に見るような場合でも、これらのカメラは、抜群に鮮明な画像を配信して、ハイライトの領域と影の領域の両方でより詳細な部分をキャプチャします。