インドネシアの国会 ヌサンタラIIの会議システムが刷新され、より快適な環境が整備されました

 

デワン・プルワキラン・ラクヤ(DPR-RI)または国民議会(The People's Representative Council)はインドネシアの立法議会の一つであり、インドネシア共和国国民協議会とともに予算策定や政策の監視などの役割を担っています。選挙によって選出された560の議員、10の政党によって構成されており、DPR-RIはアジアにおける最も大きな民主系勢力の一つでもあります。

 
 

ケーススタディ

  • 自動制御のカメラを含む、ボッシュのDCN マルチメディアカンファレンスシステムとSRシステムがDPR-RIの議場に導入
  • 議場におけるスピーチの明瞭性を改善し、より良い会議運営を実現するために必要な製品を選択
  • 新しいカンファレンスシステムとSRの優れた音質により、議会運営はよりスムースに、より効果的に
 

デワン・プルワキラン・ラクヤ(DPR-RI)または国民議会(The People's Representative Council)はインドネシアの立法議会の一つであり、インドネシア共和国国民協議会とともに予算策定や政策の監視などの役割を担っています。選挙によって選出された560の議員、10の政党によって構成されており、DPR-RIはアジアにおける最も大きな民主系勢力の一つでもあります。

DPR-RIでは特定メンバー間の会議も頻繁に開催しており、会議のスムースな進行のため場内ではっきりとした明瞭な音質を実現可能な最高級のプロフェッショナル用機材を探していました。優れた音質を実現するだけでなく、度々起こる中断、イレギュラーなコミュニケーションをもサポート可能なシステムが要件とされ、ボッシュとそのパートナーは音質に優れる機材であり、他社を凌駕する特徴を備えたシステムを提案する必要がありました。

候補製品を検討する中で現在の環境は強化が必要であることが認識され、多数の製品が選択されました。DCN マルチメディアカンファレス 560台、自動カメラ制御機能を備えたHD Dome Conference camera 9台、そしてSRとしてElectro-Voiceのスピーカー、アンプ、サブウーファー、ワイヤレスマイクが選ばれました。

新しい機材の導入により、DPR-RIにおける会議コミュニケーションはより快適になりました。DCN マルチメディアカンファレンスシステムの発言待ち機能は、現在発言中のスピーカーの名前を参加者の端末内にあるディスプレイに表示可能であり、参加者は、誰が発言中であるか、次の発言予定者は誰なのかを把握することができ、会議の進行はよりスムースで効果的に行われるように改善されました。

 
 

導入製品

DCN マルチメディア

 

HD Conference Dome

 

グローバルレファレンス

グローバルレファレンスを見る

 
 

ボッシュST | YouTube公式チャンネル

レファレンスムービー、製品動画などを見る