ブルネイで開催された2013年 ASEAN首脳会議にボッシュの会議システムが採用されました

 

ASEAN首脳会議は経済や社会・文化における加盟国間の相互協力を目指した会議であり、ブルネイにある国際会議センターで開催されました。サミットで開催されるすべての会議には、会議システムを設置する必要がありました。

 
 

ケーススタディ

  • 通訳機能を備え、途切れずクリアな音声を可能にするプロフェッショナルな会議環境の必要性
  • HDカメラで捉えた高品質映像を大LCDスクリーンへ自動的にストリーミング可能な統合環境
  • 使いやすく拡張性のあるシステムを導入することにより、必要な機器の都度レンタルが不要に
 

ASEAN首脳会議は経済や社会・文化における加盟国間の相互協力を目指した会議であり、ブルネイにある国際会議センター(ICC: Brunei International Convention Center)で開催されました。サミットで開催されるすべての会議には、会議システムを設置する必要がありました。

首脳・外相級が集まる会議では、最もプロフェッショナルな会議システムが必要であり、ASEAN首脳会議においてはボッシュの会議システムがその要件を満たす製品として選択されました。

途切れないシステムであること、高天井や独特のレイアウトである議場においても高品質の音声が保たれること、そして大きなLCDスクリーンに投影しても高品質な映像を鮮明に映し出すことで会議の参加者すべてに発言者の様子がよく見えること、これらが特に重要な要件として提示されており、ボッシュの製品はこれらにマッチしているとの評価を頂くことができました。

ボッシュのDCN Next Generation 会議システムに加え、会場中にスピーカーを配置、隅々まで最大限に空間が活用することができました。会議出席者はボッシュの音声機材が何ら影響されることなく正常に稼動することができたため、持ち込んだ手元の携帯電話の電源を切っておく必要がありませんでした。また出席者を写す高品質映像をストリーミングするためにBoschのHDカメラが設置されました。更にはシステムには通訳機能も統合されており、スピーチの内容を素早く通訳することができました。

議場内にボッシュの会議システムを導入したことにより、ICCは会議の都度レンタルの手続きをしないで済むようになりました。

ボッシュの製品は操作性とスケーラビリティに優れており、また強力なアフターセールスサポートによりお客様にはサミットの期間中、常に安心して会議システムをお使いいただけます。ASEAN首脳会議委員会のお客様からは、「導入された機器の質は満足しています。特に音声の質の高さには驚かされました」との評価をいただくことができました。

 
 

導入製品

DCN会議システム

 

グローバルレファレンス

グローバルレファレンスを見る

 
 

ボッシュST | YouTube公式チャンネル

レファレンスムービー、製品動画などを見る