空港施設ソリューション

 

ボッシュソリューションでみなさまの快適な空の旅を


今日の空港施設にはさまざまな役割が期待されており、セキュリティーに関する非常に多くの課題を解決しなければならない状況にあります。 防災・防犯、安全管理、コミュニケーション、施設・設備管理など、対応しなければならない課題は多岐にわたります。それらの中には次のような課題が含まれます。

  • 乗客および航空会社、空港施設従業員の保護
  • 爆弾、自爆テロ、航空機の破壊工作やハイジャックなど、さまざまな犯罪の阻止
  • 火災および爆発などの事故への対処
  • 多種多様なアクセス管理

これらの課題を解決するためには、空港施設内外、隣接の立体駐車場、ターミナルに加え、乗客用施設、航空機の駐機場、着陸帯、店舗、レストランなど、さまざまなエリアを監視する必要があります。ボッシュセキュリティシステムズ の空港ソリューションは、空港施設における防災・防犯、安全管理、コミュニケーションについての課題解決を支援します。

 
 
 

ビデオ監視システム

ボッシュのビデオ監視システムで、あらゆる監視対象を完全に管理し記録することができます。 高解像度カメラは、パスポートコントロールの監視以外にも、さまざまな区域を通過しながら時間を過ごしている人物を継続的に監視できます。 空港周辺では、フェンスに近づいたり、乗り越えようとしていたりする人物をPTZ カメラで昼夜を問わず常に捕捉することができます。 熱感知 PTZ カメラであれば、どのような気象条件でも人の動きを識別することができ、通路などから接近してくる人物によって空港業務が妨害されないようにする場合にも役立ちます。記録されたビデオ画像は必要に応じて証拠として法廷で使用することもできます。

さらに高機能インテリジェントビデオ解析(IVA)は、自己学習して不審な行為を早期のうちに検知し、放置された荷物をも識別できるようになります。 追跡カメラは、作動している警報が誤作動なのかを確認するのに役立ち、必要に応じてセキュリティーオペレーターに警告することができます。またフォレンジックサーチ機能により、関連したビデオ画像を高速検索することができます。

 

アクセス制御システム

Bosch の IP ベースのアクセス制御システムは、飛行場やエプロンなどの立ち入り制限された区域に、部外者が入れないようにする場合に最適です。 このシステムは非常に多岐にわたるリーダーの他、バイオメトリックソリューションをサポートし、厳しいセキュリティー要件に対応します。 ビデオ監視と連動して、すべてのアクセスイベントを捕捉し記録することができます。 違反があれば警報が自動的に作動するので、このような事態に対して即座に行動を起こせます。

 

侵入警報システム

空港はまた、店舗、手荷物運搬システム、そして貨物処理ゾーンなどの制限エリアでの、貴重品、機器、貨物または個人所有物などの窃盗の危険にも直面しています。

Bosch のシステムはこれらのリスクへの対処にも役立ちます。 これらのリスクに関しては、侵入防止システムが、部外者や不審者の他、盗難車がないかどうかについて、すべてのドア、車両出入り口、および周辺を監視することによって対処しています。 検知器が起こりうる脅威を検知した場合、セキュリティーオペレーターは警告を受け、高解像度 CCTV カメラとインテリジェントビデオ解析を備えた Bosch ビデオ管理システムを使用して警報を確認し、適切なアクションプランを開始して、その後のフォレンジックサーチに役立てることができます。

 

場内放送および音声避難誘導システム

セキュリティーおよび安全保護の課題に取り組むには、高品質の放送システムおよび音声避難システムが不可欠です。 こういったシステムは特定の場所や空港全域におけるゲート呼び出しやその他のアナウンス、そしてエアラインデータベースやゲート管理システムとの統合を可能にします。

Bosch のモジュール式放送システムや緊急音響システムはこれらすべての用途に理想的なシステムであり、 所定のアナウンスから緊急通知までのあらゆる状況を常に最大の信頼性と明瞭さを持って処理することができます。 Bosch の Praesideo デジタル放送システムおよび緊急音響システムは、世界最大の空港にも最適です。

 

火災警報システム

空港で乗客の生命や資産を保護するには、火災を迅速に検知し、場所を特定し、事実確認し、延焼を防止することが不可欠です。 広いターミナル内のホールには、人が多くいること、高い屋根、大きく開けた領域、緊急避難ルートまでの距離の長さなど、特別な問題があります。

Bosch のモジュール式の火災警報盤および検知器は、このような場合などに適しています。 これらの警報盤のおよび検知器では、複数のインテリジェントな基準を適用して、偽の警報に対する高いノイズ耐性を備えることで信頼できる早期の検知を実現し、迅速な対応を可能にしています。 多数の検知器を最長 3,000 m のループ状に接続してネットワーク化することにより、複数のビルに対応できます。 警報盤は、自動的に消防隊に通報する他、スプリンクラー、空調、場内放送システムに加え、Bosch Building Integration System(BIS)と連動して、あらゆる種類の火災状況に対処し、大きな集団である乗客の避難を取り仕切ります。

 

会議システム

様々な都市や国々との直接的な繋がりを持つ空港は、あらゆる種類の会議の場として人気を高めています。 Bosch のデジタル会議ネットワーク(DCN)は今日最先端の会議ソリューションです。

  • 一度に最大 32 ヵ国語への同時通訳が可能な通訳施設
  • 高音質なな音声再生
  • 有線設定または無線設定の選択が可能、最大限の柔軟性と素早いセットアップ
  • あらゆる発言やスピーチの録音
 

ビル管理システム

空港に設置されている可能性のあるセキュリティー、安全性、通信、およびビル自動化のシステムをすべて考えた場合、これらをすべて効率的に管理し、調整することは、非常に困難です。

Bosch Building Integration System(BIS)には、セキュリティー、安全性、およびビル管理の各システムを監視する単一の Web ベースのコックピットが用意されています。 このコックピットには、警報管理、案内図を使用した迅速な警報地点の特定、追跡処置手順が含まれます。 また、火災および侵入警報の他、避難、アクセス制御、CCTV、およびビル自動化の各システムともシームレスに統合できます。

BIS を使用すると、1 人のオペレーターですべてのセキュリティーシステムを監視および制御できるだけでなく、緊急事態への対応時間が短縮され、全体の効率性が高まります。

 

参考プロジェクト


 

アドナンメンデレス空港、トルコ

年間 5 百万人の乗客処理能力を持つアドナンメンデレス国際空港のターミナルは 110,000 m² もの面積に渡り、2,200 台の車の収容能力を持つ 64,000 m² の駐車場も併設されています。 迅速に効率的に乗客に対応するために、このターミナルは 60 のチェックインカウンターと、32 のパスポート管理ブース、9 台の乗客搭乗ブリッジ、そして 6 機の荷物引渡用コンベヤーを完備しています。

 
 
 

バラハス空港、スペイン

AENA(Aeropuertos Españoles y Navegación Aérea - スペイン空港および空域) マドリッドバラハス空港は、国内線や国際線を利用するために年間 5 千万人の乗客がゲートを通過するスペインで最大級の規模の、最も忙しい空港です。 加えて、マドリッドバラハス空港はヨーロッパやラテンアメリカとの間のフライトの主要玄関口となっています。

 
 
 
 

Global Reference List

Find more references in the Global Reference List

 
 

Video Portal

Find reference videos, product movies and more